センター南形成外科皮フ科が選ばれる3つの理由

センター南形成外科皮フ科が
選ばれる3つの理由

希望があればその日に手術

センター南形成外科皮フ科では、手術希望の方で健康状態に問題がなければ、その日のうちに治療ができます。
別の日に手術を予定したり、同日に時間をあけて出直さなくても大丈夫。
医師2人が常勤していますので、役割分担することで、外来を止めることなく、そのまま手術を行うことが可能です。

即日手術対応

常勤医師が2人3脚で対応

一つの疾患を2人の医師で診察することがあります。専門領域の異なる医師が診ることで、より専門性の高い診断・治療を行うことができるのです。同様に、一つの手術を2人の医師で行うことがしばしばあります。外科治療のトレーニングを受けた医師どうしが行うことで、より迅速かつ精度の高い手術ができるのです。精度の良し悪しは、結果に現れます

カウンセリング

“診察は女性医師希望”が可能

デリケートゾーンや女性特有のお悩みなど、男性医師に相談することに抵抗がある患者様も多いと思います。ご要望があれば、皮膚科専門医の女性医師が対応していきます。問診票の内容を考慮して、スタッフサイドからお尋ねすることもありますが、直接のお申し出でもかまいません。女性医師がご希望のときは、遠慮なくお伝えしてください。

女性医師

 
 

センター南形成外科皮フ科がこだわる4つの想い

センター南形成外科皮フ科が
こだわる4つの想い

① 専門医による診察・治療
医師免許を取得すれば基本的には「医師」として医療行為を行うことはできますが、当院ではその中でも在籍期間・症例数・専門医試験など一定の条件を満たした「認定専門医」が診察・治療をしています。
安心して受診できる病院選びの一つとお考えしていただければと思います。
② “お待たせしない”をモットーに
おまたせしません
専門領域の近い医師2人が診察に当たっていますので、多くの範囲で取り扱う疾患を共有できます。専門性の高い疾患は、その専門医があたりますが、通常の診察、処置などは空いている医師が診るようにすることで、比較的お待たせせず診察が回っていきます。“多少待って当たり前”を少しでも変えたいクリニックです。

 

③ 自然と感じるアットホーム
アットホーム
病気を抱え、不安の中で当院を受診している方も多いと思います。だからこそ、笑顔とおもてなしの心の医療サービスを心がけています。
診察室や処置室から笑い声が聞こえてくるかもしれません。医師が直接待合室に行って、「大丈夫でしたか?」と話しかけることもあるかと思います。不謹慎とは思わず、アットホームな病院の一面ということでお許しください。
④ 近隣の病院・医療機関との連携体制
昭和大学横浜市北部病院
治療方法をつきつめていくと、先進医療や全身麻酔による治療がベストだったり、別の科との併用治療が必要ということも稀ですが、もちろんあります。
センター南形成外科皮フ科は、医師が医師会に所属し、昭和大学北部病院、昭和大学藤が丘病院との連携もとっています。そのため必要に応じて、より適切な医療機関に紹介することが可能です。

 

皮膚科
一般皮膚科・形成外科

皮膚科・形成外科

皮膚科・形成外科の専門医がお子様からご年配の方まで丁寧に対応します。

皮膚のトラブル

皮膚の感染によるトラブル

形態によるトラブル


自費診療
自費診療

美容外科皮膚科

美白などの美容皮膚科や、形成外科手術も含めた治療まで、幅広く対応しています。

患者さんのお悩み一覧(診療対象項目)

診療時間のご案内

診療時間
9:30~12:30
14:30~18:00

診療時間

※休診日/水曜日・日曜日・祝日
土曜日の午後は完全予約制での診療となります。
診療は、形成外科専門医と皮膚科専門医の2人体制です。
傷の処置や抜糸などの経過は、外来の枠で行います。
受付は、診察開始時間の10分前より行っています。
受付順で診察していきますが、治療内容、予約による受診などにより、順番が入れかわることがあります。

アクセス


アクセス方法

診療の流れ
「ピアス施術説明同意書」ダウンロード
ドクターズコスメ
刺青専門サイト

診療カレンダー

2020年 5月
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6

終日休診

定休日

午前休診

045-532-5225
住所/〒224-0032 横浜市都筑区茅ヶ崎中央17−22
プルミエールセンター南205

アクセス/センター南駅 徒歩約4分
診療科目/皮膚科・一般形成外科・美容皮膚科・美容外科