医師のご紹介

患者さんの気持ちを最優先に考えた、「きめ細かい」診療をモットーにした女性院長のクリニックです。

ご挨拶

診療風景センター南形成外科皮フ科のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

ホームドクターとして、この土地で貢献したいと思い2019年3月に当クリニックを開院しました。
「笑顔の輪が広がるクリニック」を目指し、常に患者さん目線での診療を心がけています。
皮膚に関わるあらゆる悩みに対処していくことで、患者さんから笑顔で「センター南形成外科皮フ科で良かった!」と思ってもらえることを最高の喜びと感じています。

男性・女性問わず、お子様からご年配の方まで、あらゆるお肌のお悩みについて、お気軽にご相談ください。
どうぞよろしくお願いいたします。

院長 亀山 薫

出身地  神奈川県横浜市
趣味   ゴルフ・愛犬と遊ぶこと

 
 

経歴

平成7年 北里大学医学部 卒業
北里大学病院 皮膚科
平成13年 昭和大学藤が丘病院 形成外科 勤務
平成15年 横浜鶴ヶ峰病院 形成外科 勤務
平成25年 都内皮膚科クリニック 勤務
平成31年 センター南形成外科皮フ科 開業

所属学会

日本皮膚科学会 認定皮膚科専門医
日本美容皮膚科学会 会員
日本形成外科学会
日本医学脱毛学会
 
 

スタッフより

患者さんの気持ちを汲み取り、笑顔で気配りのできる、「優しい対応」を心がけています。
スタッフ一同、「丁寧で安心できる医療の提供」をモットーに、患者さんが安心して気軽に来院・診察・治療が受けられるようスタッフ一同笑顔でお待ちしております。
 
 

皮膚科と形成外科が同じクリニックで診療することのメリット

身体外表(身体の外から見えるところ)のおかしさを治すという意味では、皮膚科と形成外科は同じ目的をもった科と言えます。
皮膚疾患には、内臓疾患や生活習慣(二次的要因)によるものが少なくありません。形成外科では加齢によるものや、切り傷・やけどなどの外傷もよくあります。大きな違いは、皮膚科はおおむね保存的に治し、形成外科はおおむね外科的手技によって治すことです。「おおむね」と書いたのは、皮膚科と形成外科の両方の科の領域に入る病気や怪我がとても多く、一概には分類できないからです。

センター南形成外科皮フ科では、患者さんにその時点での最適な治療をワンストップで施せるよう、皮膚科と形成外科の認定専門医が揃っています。
少しでも気になることがありましたら、当院にお気軽にご相談・ご来院ください。

皮膚科・形成外科

かぶれ(接触性皮膚炎)
虫さされ
乾燥肌(皮脂欠乏症)
アトピー性皮膚炎
じんましん

とびひ
ニキビ
水虫(白癬)
口唇ヘルペス
帯状疱疹
水いぼ(伝染性軟属腫)
いぼ(尋常性疣贅)
できもの(ほくろ・粉瘤など)
けが
やけど
傷跡(ひきつれ・陥凹など)
ケロイド
たこ・ウオノメ
爪
眼瞼下垂症

美容外科・美容皮膚科

しみ・イボ
しわ・たるみ
ピアス
刺青除去
傷跡修正
目もと
薄毛
ボトックス
ワキガ・多汗症
異物抜去
ニンニク注射・美肌点滴・プラセンタ
レーザー脱毛

診療の流れ  

アクセス

〒224-0032 横浜市都筑区茅ヶ崎中央17−22

プルミエールセンター南205

(センター南駅 徒歩約4分)


詳しいアクセス方法はこちらから