受診からアフターケアまでを、7つの場面に分けて説明しています。
各シーンをクリックすると、その場面での留意事項が見られますのでご参考にしてください。
文字のバックが青の部分は、当日の手術やレーザー治療を受けられる方向けの説明です。

直接来院または、ご予約による来院

直接来院または、ご予約による来院

診察は、随時受付けています。予約なしでの直接来院でも、電話やメールによる予約での受診でも問題ありません。

診察は受付け順で行なっていますが、待ち時間が長くなりそうな時は、急を要する方、ご予約の方が優先されますことをご了承ください。

当日の治療希望の方(「内容しだいで当日希望」の方も含む)は、ご予約による受診をおすすめします。

手術や医療脱毛などでは、一定の時間枠をおさえる必要があります。そのため治療スケジュールがタイトになっていたり、治療にあたる人員をさくことがすぐにできないなどの理由で、かなり待つ場合も想定されます。ストレスのない受診のためにも「当日できものを取りたい」、「縫ったほうがよさそうな怪我かもしれない」、「脱毛の説明をきいて、よければその日に施術したい」など簡単な内容で構いません、内容を添えたご予約を取っていただければスムーズに治療が進みます。

受付けをすませる

受付けをすませる

初診の方の受付け時間は、診療開始の10分前、終了の20分前です。
(午前は8:50〜12:10、午後は13:50〜17:10、(土曜午後のみ13:20〜16:10)です。)

まずはスタッフにお名前をお伝えください。初めての方は必ず保険証を提示してください。紹介状をお持ちの方は一緒に提出してください。自費診療の方でも治療内容によっては保険診療の適応の可能性もありますので、念のため保険証をお持ちください。

お薬手帳がある方はお持ちください。患者様の現在・過去の治療状況を知ることができますし、薬局での薬の処方の際に便利です。

初診の方は、最初に問診票の記入をお願いしています。以下の項目の答えられるようにしていただければ幸いです。
● いつからどんな症状ですか
● 症状の変化はありますか?
● 持病や使用中の薬について
● 当日治療の希望の有無
また、診察は女医希望、形成外科医希望などがあれば、問診票に書くか直接受付けにお伝えしてください。
順番が来ましたらスタッフが声をかけますので、それまでは待合室でお待ちください。

カウンセリングによるお悩みの整理

カウンセリングによるお悩みの整理

記入していただいた問診票をもとに、より情報を必要とする場合は、スタッフが直接予診をとることで、お悩み・ご相談を整理していきます。プライバシー配慮のため、個室または実際の診察室に移動して、カウンセリングをしています。治療への不安や費用など、医師に直接ききづらいような質問があるかと思いますが、可能な限りお答えしていきますので、この場でどんどんお尋ねしてください。

手術や美容診療では、治療方法が選択できたり、治療の進め方・組み合わせにバリエーションがあったりします。そのため当日や術後経過、注意事項などを含めた治療全般に言及し、医師の診察前に、ある程度治療についてのご理解を深めていただくような説明をしていきます。

医師の診察

医師の診察

順番が来ましたら診察室にご案内となります。

「〇〇さん、おはようございます。3ヶ月前にできものに気付いて、今回手術希望ということで良かったですかね。ではまず、実際のできものを見させてください、・・・」

問診票やカウンセリングの内容はすでに医師は把握していますので、診察は本題から入ることが多いです。最適な治療法を丁寧にわかりやすく説明いたしますので、ご安心して受診して頂ければと思います。

傷の処置や液体窒素療法などの簡単な処置は、そのまま診察室で行っていきます。

手術や自費治療の方は、治療内容にご納得、ご理解が得られれば、治療同意書にサインをしていただきます。(後日治療の方は後日のサインでも構いません。)そのあと手術室やレーザー治療室に移動します。

施術とその前後について

施術とその前後について

事前にトイレや水分補給などをお済ませください。

術野に支障がなければ、そのままの服装で治療をしていきます。女性の方で服やズボンを脱がなければならない場合は、巻きタオル(タオルガウン)をご用意しています。

実際の手術ではみなさん緊張していますが、声かけやお話をしながら手術をしていきますので、リラックスができ、時間の経つのも早いかと思います。希望があれば、ご自身のスマホなどのプレーヤーで音楽を聞くこともできます。

治療が終わったら、術後の注意事項、お薬や再診について説明いたします。また傷のケア、術後の経過をまとめた説明書きをお渡ししていますので、ご参考にして頂ければと思います。

治療によってはリカバリー室で一定時間休んでいただき、術後の出血がないかを確認したり、患部を冷やして腫れや内出血を予防したりしていただきます。

お帰りの際は、髪型やメイクを直すためのパウダーコーナーがありますので、必要に応じてご利用してください。

お会計と次回について

お会計と次回について

最後に費用のお支払いになります。保険診療は現金のみのお支払いとなります。
自費診療は現金払い、カード払い、または同時に両方を利用することも可能です。

医療ローン、売り掛け(分割払い、後日精算)などには対応しておりませんのでご注意してください。初診で保険証を忘れた場合は、自費扱いになりますが、同月中に保険証を持参していただければ、過払い分を払い戻しいたします。

次回診察がある方で、その日時がわかるようでしたら、お会計の際、次回予約をお取りします。もちろん後日の電話での予約や変更は可能です。当日予約なしでの来院でも構いません。

最後に領収書、処方箋、お預かりした保険証、診察券、(あれば手術の同意書の写し、紹介状)をお渡しして終了です。処方箋はお近くの処方箋薬局にお持ちください。

【支払い可能なカード会社】

クレジットカード
アフターケア

アフターケア

指定された再診日にいらしてください。また、治りが悪い、薬がなくなったなどでは、指定日に限らず受診するようにしてください。

同じ疾患で通院する場合は、当たり前ですが再診として診ていきます。通院中に別の疾患があれば、当然同時に診ていくのですが、こちらも最初から再診扱いになります。

しかし、同じ疾患でも最後の来院から3ヶ月を過ぎますと初診扱いになり初診料がかかります。診察券があるからといって常に再診ではないのです。ニキビやアトピー性皮膚炎、乾燥肌など、通院が長くなる傾向の方では、再診のタイミングの一考になればと思います。

手術では翌日と抜糸日、1ヶ月後を再診としています。小さな手術や検査結果の出る時期によってはこの限りではありませんが、通常抜糸が終わり、傷や検査の結果が問題なければ治療は終了となります。
ただし傷の状態は月単位で変化していきますので、もし傷跡に不都合な変化が見られたら、ぜひ早めにご相談していただければと思います。

直接来院または、ご予約による来院

直接来院または、ご予約による来院

診察は、随時受付けています。予約なしでの直接来院でも、電話やメールによる予約での受診でも問題ありません。

診察は受付け順で行なっていますが、待ち時間が長くなりそうな時は、急を要する方、ご予約の方が優先されますことをご了承ください。

当日の治療希望の方(「内容しだいで当日希望」の方も含む)は、ご予約による受診をおすすめします。

手術や医療脱毛などでは、一定の時間枠をおさえる必要があります。そのため治療スケジュールがタイトになっていたり、治療にあたる人員をさくことがすぐにできないなどの理由で、かなり待つ場合も想定されます。ストレスのない受診のためにも「当日できものを取りたい」、「縫ったほうがよさそうな怪我かもしれない」、「脱毛の説明をきいて、よければその日に施術したい」など簡単な内容で構いません、内容を添えたご予約を取っていただければスムーズに治療が進みます。

受付けをすませる

受付けをすませる

初診の方の受付け時間は、診療開始の10分前、終了の20分前です。
(午前は8:50〜12:10、午後は13:50〜17:10、(土曜午後のみ13:20〜16:10)です。)

まずはスタッフにお名前をお伝えください。初めての方は必ず保険証を提示してください。紹介状をお持ちの方は一緒に提出してください。自費診療の方でも治療内容によっては保険診療の適応の可能性もありますので、念のため保険証をお持ちください。

お薬手帳がある方はお持ちください。患者様の現在・過去の治療状況を知ることができますし、薬局での薬の処方の際に便利です。

初診の方は、最初に問診票の記入をお願いしています。以下の項目の答えられるようにしていただければ幸いです。
● いつからどんな症状ですか
● 症状の変化はありますか?
● 持病や使用中の薬について
● 当日治療の希望の有無
また、診察は女医希望、形成外科医希望などがあれば、問診票に書くか直接受付けにお伝えしてください。
順番が来ましたらスタッフが声をかけますので、それまでは待合室でお待ちください。

カウンセリングによるお悩みの整理

カウンセリングによるお悩みの整理

記入していただいた問診票をもとに、より情報を必要とする場合は、スタッフが直接予診をとることで、お悩み・ご相談を整理していきます。プライバシー配慮のため、個室または実際の診察室に移動して、カウンセリングをしています。治療への不安や費用など、医師に直接ききづらいような質問があるかと思いますが、可能な限りお答えしていきますので、この場でどんどんお尋ねしてください。

手術や美容診療では、治療方法が選択できたり、治療の進め方・組み合わせにバリエーションがあったりします。そのため当日や術後経過、注意事項などを含めた治療全般に言及し、医師の診察前に、ある程度治療についてのご理解を深めていただくような説明をしていきます。

医師の診察

医師の診察

順番が来ましたら診察室にご案内となります。

「〇〇さん、おはようございます。3ヶ月前にできものに気付いて、今回手術希望ということで良かったですかね。ではまず、実際のできものを見させてください、・・・」

問診票やカウンセリングの内容はすでに医師は把握していますので、診察は本題から入ることが多いです。最適な治療法を丁寧にわかりやすく説明いたしますので、ご安心して受診して頂ければと思います。

傷の処置や液体窒素療法などの簡単な処置は、そのまま診察室で行っていきます。

手術や自費治療の方は、治療内容にご納得、ご理解が得られれば、治療同意書にサインをしていただきます。(後日治療の方は後日のサインでも構いません。)そのあと手術室やレーザー治療室に移動します。

施術とその前後について

施術とその前後について

事前にトイレや水分補給などをお済ませください。

術野に支障がなければ、そのままの服装で治療をしていきます。女性の方で服やズボンを脱がなければならない場合は、巻きタオル(タオルガウン)をご用意しています。

実際の手術ではみなさん緊張していますが、声かけやお話をしながら手術をしていきますので、リラックスができ、時間の経つのも早いかと思います。希望があれば、ご自身のスマホなどのプレーヤーで音楽を聞くこともできます。

治療が終わったら、術後の注意事項、お薬や再診について説明いたします。また傷のケア、術後の経過をまとめた説明書きをお渡ししていますので、ご参考にして頂ければと思います。

治療によってはリカバリー室で一定時間休んでいただき、術後の出血がないかを確認したり、患部を冷やして腫れや内出血を予防したりしていただきます。

お帰りの際は、髪型やメイクを直すためのパウダーコーナーがありますので、必要に応じてご利用してください。

お会計と次回について

お会計と次回について

最後に費用のお支払いになります。保険診療は現金のみのお支払いとなります。
自費診療は現金払い、カード払い、または同時に両方を利用することも可能です。

医療ローン、売り掛け(分割払い、後日精算)などには対応しておりませんのでご注意してください。初診で保険証を忘れた場合は、自費扱いになりますが、同月中に保険証を持参していただければ、過払い分を払い戻しいたします。

次回診察がある方で、その日時がわかるようでしたら、お会計の際、次回予約をお取りします。もちろん後日の電話での予約や変更は可能です。当日予約なしでの来院でも構いません。

最後に領収書、処方箋、お預かりした保険証、診察券、(あれば手術の同意書の写し、紹介状)をお渡しして終了です。処方箋はお近くの処方箋薬局にお持ちください。

【支払い可能なカード会社】

クレジットカード
アフターケア

アフターケア

指定された再診日にいらしてください。また、治りが悪い、薬がなくなったなどでは、指定日に限らず受診するようにしてください。

同じ疾患で通院する場合は、当たり前ですが再診として診ていきます。通院中に別の疾患があれば、当然同時に診ていくのですが、こちらも最初から再診扱いになります。

しかし、同じ疾患でも最後の来院から3ヶ月を過ぎますと初診扱いになり初診料がかかります。診察券があるからといって常に再診ではないのです。ニキビやアトピー性皮膚炎、乾燥肌など、通院が長くなる傾向の方では、再診のタイミングの一考になればと思います。

手術では翌日と抜糸日、1ヶ月後を再診としています。小さな手術や検査結果の出る時期によってはこの限りではありませんが、通常抜糸が終わり、傷や検査の結果が問題なければ治療は終了となります。
ただし傷の状態は月単位で変化していきますので、もし傷跡に不都合な変化が見られたら、ぜひ早めにご相談していただければと思います。

 
 

初めての方へ 診療の流れ
ドクターズコスメ
センター南形成外科皮フ科 グループクリニック
センター南形成外科皮フ科 医師・スタッフ募集
刺青除去サイト
傷跡修正サイト